全体の流れ

履修までの流れ

Diversity seminarの趣旨は「主体的にかつ自主的に学ぶもの」であることを踏まえて、構成されています。履修講座の決定や評価は以下を念頭に置いています。

主体的・・・自分の興味関心があり意欲的に望める
自主的・・・興味関心を積極的に見出す努力をして、積極的に行う努力する

講座プレゼンテーションによる『主体的選択』

講座から自分の可能性を見出す挑戦!

Diversity seminarの開始前にはオリエンテーションを設け、担当教師から各講座の紹介があります。
また、オリエンテーション会場では講座ごとのブースを設け、講座の質問や相談が自由に行えるようにします。

すべての講座を予備履修し、『自分自身の選択」を行う!(自主的選択)

予備履修はすべての講座を体験し、
志望動機を提出。将来の進路選択にもつながります!

全体を6グループに分けてですべての講座を体験する期間を設けます。.
担当者が志望動機を確認し、生徒の意思を受け止めます。『選択』の自覚が促され、本気の学びを促進します。

評価

評価については、以下の三つの力を伸ばせたかを見極めて判断します。

1「みつめる力」
2「考える力」
3「協力・共有する力・つなげる力」

見つめる力

・課題発見力
・計画力
・情報収拾力

考える力

・忍耐力
・思考力
・想像力、課題解決力

協力・共有する力・つなげる力

・協働力、リーダーシップ
・発信力、表現力
・多様性の受容
・関心、意欲、チャレンジ