運動部

男子バスケットボール部・硬式野球部 合同合宿 (於:富山県)

投稿日2019/9/13

令和元年8月5日~8月8日、男子バスケットボール部と硬式野球部は合同合宿を富山県で実施しました。両部は強化部として学校より指定を受けて日々活動しています。強化指定部は何を求められているのかを、生徒の視点から考え、バスの車内や食事会場でミーティングを行い、自分たちの在り方を話し合いました。

 

強化指定部は『生徒の模範となるように日常生活を大切にし、目標に向かって努力する姿勢を発信し、学校全体に良い影響を与えられる部活動』を目指そうと目標を立てました。ただ試合に勝つのではなく、学校の模範的な存在になっていくべきだと考えました。

 

『模範となる日常生活』とは、身だしなみを整える・礼儀や挨拶・文部両道を実践する・時間を守るなどがあげられます。当たり前のことが当たり前にできる人間が信頼される人間であり、そういった人間を増やすことで他の生徒の模範となることができると考えます。

 

『目標に向かって努力する姿勢の発信』は、練習中の声が校内に響き渡ること・日々の課題を達成することなどがあげられます。文部両道を目標としている本校にとっては放課後、部活動の声が校内に響き渡ることで、学校に活気が生まれるのではないかと思います。

 

『学校全体に良い影響を与える』とは具体的に、行事で引っ張ること・何事も先頭に立つこと・校歌を全力で歌うこと・自主的に掃除をすること、などを徹底して行い、学校が明るくなるような取り組みをしていきたいと考えています。

 

今回、合同合宿を行って互いに刺激を受けることができました。宿舎での過ごし方や食事の取り組み方、ミーティングの方法など互いに学ぶことが非常に多かったです。こういった場を二つの部活動だけでなく、他の部活動にも輪を広げていきたいと思いました。男子の部活動で全国大会出場を目指し、互いに努力していきたいと思います。

 

男子バスケットボール部 主将 高瀬 嵐士

硬式野球部       主将 原田  嵐