自分を深める学習

TOKYO SEITOKU UNIVERSITY JUNIOR & SENIOR HIGH SCHOOL [6-year Course]

Enhance Their Learning自分を深める学習

本校では「自分を深める学習」という取り組みを長く続けています。「自分とは何か?」「なぜ学ぶのか?」「どう生きるのか?」を考える中から自分の人生を主体的に能動的に考え、選択できるようになることを目標としています。
テーマに沿って様々なことを体験したり考えることで、それが琴線に触れ、共鳴する部分が出てきます。その共鳴したもの、もやもやとしたものを自分の中で言語化します。人生の中で大切にしたい、よりどころ所としたいものを人生の羅針盤として自らの中に増やしていきます。これが「ビッグロック」となり人生の礎となると考えています。

自分を深める学習 大隅 勉

様々な学びと体験を通して自分を見つめ、社会を見つめつつ生き方の指針を創り上げます

1年次のテーマ

人と人のつながりを考えよう

生徒たちは人を信じ他者を受け入れる大切さについて考えていきます。仲間と考える中から自分の考えを深めます。東京成徳の6年間は、信頼できる人との関わりの中で成長していきます。

2年次のテーマ

いのちのつながりを考えよう

8月の長野県戸隠高原での校外学習では、自分を中心としたいのちのつながりを考えます。食う食われるの関係や先祖とのつながりなど大きなテーマから身近なテーマまで考えていきます。

3年次のテーマ

社会とのつながりを考えよう

1月には3ヶ月間のNZ留学プログラムも控えています。今までに体験したことのない習慣や文化を知ることになります。多様性を理解して、認め、多様な価値観と連携をしていけるマインドを持てるように考えていきます。

4年次のテーマ

つながりの中でどう生きるか

大人になっても考え続けなければならない臓器移植や仕事などをとり上げます。グループワークを通して仲間と意見の交換をしながら「自分とは何か」、「どう生きるのか」考えていきます。