TOKYO SEITOKU UNIVERSITY JUNIOR & SENIOR HIGH SCHOOL [6-year Course]

News & Topicsニュース&トピックス

本校の最新情報はこちらをご覧ください

カテゴリー別一覧     年別一覧

2019.04.27 学習について理科プロジェクト[TSP]

中学3年 探究の授業(理科)

4月15日

中学3年生を対象にした「理科思考力探究型授業」が始まりました。

この授業では学年の生徒を6つのグループに分けて進めて行きます。

この日行われた

「プログラミング」,「遺伝子」,「ものづくり」,「結晶」の4つの授業の様子を

紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間つづきの授業。

 

生徒はグループをつくり活動していきます。

説明を聞く力,

どう活動するかを理解する力,

友だちと協力するためのコミュニケーション能力,

そして,行動する力へとつないでいく。

 

始めからうまくいかないこともあります。

ですが,失敗もしっかり経験して

これからの社会を生き抜くためのスキルを

学んでいってほしいと思います。

木下 浩

 

2020年より新カリキュラムが小学校で実施され、1年後・2年後、中学・高校も実施となります。

その中で、生徒が主体となり、協働学習を通して、「思考力・判断力・表現力」といった力を養育することが進められることになります。それは、社会に出てから必要とされる能力でもあるからです。

本校の理科では、このような流れを先取り、理科の探究型授業を展開しております。

 

私自身は、「プログラミング」を担当しています。

ロボットをプログラミングで作動します。

複数の生徒で班を作り、こちらからアドバイスしながら、

自分達で創造したコースをプログラミングでロボットに実行させます。

トライアル&エラーを繰り返しながら、挑戦していきます。

生徒達の独創性に感心させられることもたびたびあります。

このような学習を通して、協調性・自主性・創造力を身につけてくれたらと期待しています。

クミタ 理科男 (Tongari)

>詳しくはこちら

2019.04.27 学習について理科プロジェクト[TSP]

「熱気球」   サタデーサイエンスプログラム

2019.4.20

 今年度始めてのサタデーサイエンスプログラムです。

毎週土曜日の午後,中学生の希望者を対象に行われています。

 

第1回目のテーマは「熱気球」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 理科実験室というと普段見ることのできないものがあったり,独特の匂いがしたり。

なので,そこはこどものころから特別な空間だったという記憶があります。

それは教員になっても,変わることはありません。

 

そんな物理実験室に,土曜日の午後,新入生が集まりました。

普段の授業では,見慣れないものが実験台に準備されていて

理科の教員も4人くらいいて

それだけでも新入生にとっては,ドキドキ,ワクワクだったようです。

 

その緊張したキラキラの眼が

驚きと笑顔に変わるのに,時間はかかりませんでした。

木下 浩

>詳しくはこちら

2018.11.29 学習について理科プロジェクト[TSP]

ポイントカラー 進路指導週間(11/12~11/17) その4

「動物の遺伝形質と遺伝病」

日本獣医生命科学大学 獣医生理学研究室   片山健太郎先生

 

11月16日(金) この日は表題の講座を覗いてみました。

ペットとして飼われているイヌやネコにはいろいろな品種があります。

遺伝子が変異して生じる病気もありますが,品種として遺伝子の変異を利用したものがあるのです。

 

ポイントカラー。

シャムネコの体毛の独特な色模様。

顔面,耳,足,尾などは黒色。

胴体の毛は白っぽい。

また,冬は全身が黒っぽく見え,夏は白い部分が増えてくる。

 

理由はシャムネコだから。

ですませていました。

 

ですが,このポイントカラーは

遺伝子のちょっとした変異で説明できるのでした。

シャムネコの体毛の色の部分的変化は,体温と関係があるのだそうです。

体温が高いと白色。

体温が低いと黒色になるという。

 

体の色はメラニンという色素が関係しています。

この色素はチロシナーゼという酵素からつくられます。

チロシナーゼは遺伝子によりつくられます。

 

ところがまれに変異型の遺伝子(正常な遺伝子と比べちょっとだけ変わった遺伝子)がつくられることがあります。

この変異型の遺伝子は温度感受性のチロシナーゼをつくります。

 

変異型チロシナーゼは低温では正常なはたらきをしますが,高温ではうまくはたらくことができません(その差は2℃くらいとか)。

シャムネコの黒い部分は比較的低温でチロシナーゼがはたらいた(メラニン色素がつくられた)。

白い部分は高温でチロシナーゼがはたらかなかった(正常なメラニン色素ができなかった)結果だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も中学生から高校生まで受講していました。

その関係で,遺伝子とそのはたらきについての説明が最初にありました。

 

遺伝子の変化。

それは,遺伝病を引き起こすのか。

それとも品種の特徴を引き出すのか。

講義の後半はいよいよ核心部分に触れていきます。

 

中学生には少し難しい内容だったかも知れません。

ですが高校2年生はちょうど生物で「バイオテクノロジー」を学習しているところ。

タイムリーな内容となりました。

 

また,この講座には保護者の方も聴講に来られていました。

進路指導週間の放課後の出張授業。

保護者の方も生徒と同じように参加することができます。

 

それにしても,

シャムネコを見たとき

足や尾が黒いのは体温が低くなっている場所だからというのは

赤外線のサーモグラフィーを見ているようで面白いですね。

木下 浩

 

遺伝子工学については、昨今、目覚しい進歩が見られます。

今回も、身近な分かりやすい題材で先端科学を講義されました。

参加生徒には、興味が持てる内容であったことでしょう。

講義の終了後も、個別質問する生徒がおり、長時間にわたり続きました。

高校1年生は、「遺伝」について、通常の理科探究型授業の中でも学び、

11月上旬には、「遺伝子と生き物の寿命」について大学教授による出張講義も受けており、より深まったのではないでしょうか。

今後も、進歩・応用の続く分野です。

これをきっかけに、関心を持ったことについて自らも調べてみましょう。

クミタ 理科男 (Tongari)

>詳しくはこちら

2018.11.21 学習について理科プロジェクト[TSP]

副作用を回避する 進路指導週間(11/12~11/17) その3

錠剤に隠された工夫を知る  ~溶解性について~

日本薬科大学 薬学部薬学科 臨床薬剤学分野   中島孝則 先生

 

11月15日(木)

この日は,薬学についての講座を覗いてみました。

 

錠剤は消化管を通って運ばれます。

消炎,解熱,鎮痛作用のある「アスピリン」も同じです。

アスピリンは小腸で吸収されて効果を発揮しますが,胃炎や胃潰瘍などの胃障害を起こすことがあります。

 

これは,アスピリンが胃粘膜を保護する粘液の分泌を抑制するからだと言われています。

そこでこの副作用を回避するために,胃液の中でアスピリンがはたらかないようにする工夫が行われています。

 

このことを簡単な実験で説明し確認する授業が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使った錠剤はバイアスピリン錠。

この錠剤を胃液で溶解させないようにする工夫は錠剤に施されている

フィルムコーティングでした。

腸溶性フィルムコーティングというのだそうです。

胃液に見立てた酸性の溶液の中では,確かに溶解しませんでした。

しかし,腸液のような中性の溶液中では溶解するように工夫がされているのです。

 

実験は50㎖の遠心管の中に錠剤を入れ,転倒混和していきます。

反応が見られるまで数十分。

この時間を使ってさらに説明が続きます。

その間生徒はずっと遠心管を振り続けます。

 

この授業では,中学生から高校生までの生徒が参加しました。

こんなに学年の幅が大きい集団への授業は大変だろうと思っていました。

ですが,授業を見学すると集中力が途切れない工夫が。

 

先生がレクチャーをするときも,生徒は遠心管を上下にひっくりかえすことをくり返します。

これを交代で行っていくのです。

 

どんな講座でも,座学のみで受けるのはそうとうな集中力が必要です。

元々そのテーマに関して知的好奇心が旺盛であれば集中力を持続することは困難ではありません,

ですが,そのためにはある程度の知識も必要です。

 

初めて接するテーマについては,レクチャーのみで終わらせない仕掛けが必要なことがあります。

本来単純な作業である遠心管の転倒混和。

これを逆手にとってレクチャーへ引き込む。

生徒が下を向いている時間がほとんどない授業となりました。

木下 浩

 

この講座では、講義形式だけでなく、実験・実習ということも行われ、

体内の状況をシミュレーションした実験で、薬の変化を実際に目にして感動し、

興味・関心を持った生徒も多かったように思われました。

このような貴重な経験を活かして、今後、疑問に思ったこと・関心を持ったことを

探究してくれることを期待しています。

クミタ 理科男 (Tongari)

>詳しくはこちら

2018.11.13 学習について更新情報理科プロジェクト[TSP]

進路指導週間  放課後の特別講座を覗いてみた

「大規模テーマパークのビジネスプランニング」 東京都市大学 都市生活学部 永江 総宣先生

 

今週は進路指導週間です。

短縮授業を行い,放課後の時間をたっぷりとって担任の先生は生徒と面談を行います。

他の生徒は大学の先生や社会人として活躍されている方をお招きする特別講座に参加します。

たくさん設定されている講座の中から表題のテーマを選び聴講させていただきました。

そのときのようすを紹介いたします。

 

生徒に与えられたテーマは「テーマパークを企画してみる」でした。

テーマパークについてのお話の後,早速ワークシートの作業が始まります。

この講座には中1~高3までの生徒が参加していました。

参加した生徒たちが,日本の「売り」は? 

そして,今みんなに意外に注目されそうなこと。など、

どんなふうに感じているのか,私も知りたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各グループを先生がまわり,意見を聞きながらアドバイスしていきます。

大学の先生から自分たちの考えについて直接アドバイスをもらえるなんて

なんと贅沢なのだろうと思ってしまいました。

 

「テーマパーク」というテーマが生徒にとって身近なこともあったと思います。

ワークシートの内容はどんどん埋まっていくようでした。

そしてグループごとの発表を聞いていると,

大人が抱いているイメージと同じところもあり,

そうでないところもあり,

でもしっかり日本のことを見ているなと思いました。

 

「ごはん」のテーマパークを提案したグループがありました。

先生はそれについてもしっかりとフォローをしていきます。

そしてどのグルプの発表にも賛辞を惜しみませんでした。

生徒どうしで議論し考えさせ,発表する。

そして豊富な知識を持った先生がいろいろな角度からアドバイス。

どんな主張も肯定的にとらえて,分かりやすい説明を加えていく。

初めての出会いなのに,緊張感の中にも安心感のある授業でした。

木下 浩

>詳しくはこちら

2018.11.10 クラブ活動学習について理科プロジェクト[TSP]

天文部☆星空観望会★を開催いたしました。

11/9(金) 残念ながら曇り空となってしまいましたが、多くの方に来ていただきました。

望遠鏡の説明、星座模型工作、プラネタリウム鑑賞という内容で実施しました。

参加者からは「プラネタリウムがきれいだった」、「星座模型を作るのが一番楽しかった」という感想をいただきました。

来年も実施を予定しています。またのご参加をお待ちしております。

 

 

>詳しくはこちら

2018.10.15 学校行事理科プロジェクト[TSP]

チリメンモンスターは見つかったか?   中学1年生 理科2分野

10月6日(土) 中学1年生の授業を見学しました。

今年度2回目になります。

前回は1学期に「植物」の単元でおじゃましましたが,今回は「動物」の単元になります。

この単元は普通2年生で学習します。

 

チリメンモンスターとはチリメンジャコ(カタクチイワシのシラス干し)の中に混じっている小さな動物たちのことです。

この中にはイワシなどの魚類の他,

甲殻類のエビやカニの幼生,軟体動物の貝類やタコやイカといった動物が見つかるので,

動物分類の勉強をするのにうってつけの実験です。

本校ではここ数年,毎年実施しています。

チリメンモンスターの一番人気は,タツノオトシゴ(ヨウジウオ科)です。

さて見つけることができたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1学期の授業を見学したとき,落ち着いた雰囲気の中でゆったりと授業が進んでいることが印象に残りました。

発見した情報を友だちどうしで共有し認め合う。

理科の知識やスキルだけでなく,社会にでたときに大切なものを学んでいると感じたものでした。

 

 今回はそのときとは別なクラスです。

また,もう新入生ではなく,れっきとした1年生です。

夏休み明けに文化祭も経験し,

学校生活にもいろいろな意味でずいぶん慣れてきているはずです。

 さて,授業のようすは沢山の画像から想像していただくことができるものと思います。

授業が楽しいと感じることはとても大切なことです。

ですが,何が楽しかったのか,

さらにそこから次のステップにつながる何かを見いだせたのかが大切だと思っています。

 理科の授業では,与えられた「楽しい」だけではなく,自ら発見することに喜びを見つけ,

知的好奇心につながることが期待されているのです。

「楽しい」という段階をふまえてさらに,大変だったけれど「充実した」と生徒自らが感じとることのできる授業が大切だと私は考えています。

 この日の授業,楽しみながらも生徒たちは最後まで緊張感を失うことなく終わることができたように思いました。

 次のステップは何かと聞かれたなら,私は迷わず「持続できること」と答えるかな。

木下 浩

 

今回の材料は「ちりめんじゃこ」。映画「2001年宇宙の旅」の宇宙船はメガロパではないかと思います。メガロパとはカニの幼生です。普段見慣れているカニは、岩場などを歩いていますが、幼生のころはプランクトンとして水中を漂っています。あまり見たことないですよね。

 ちりめんじゃこをこれからの生活で食べた時、今回のモンスターのことを思い出してくれると思います。 ノーベル賞をとられた本庶佑京都大学教授が言います。キーワードは「好奇心」。「持続できること」「好奇心」成長の種を大切にしてください。

大隈 勉

>詳しくはこちら

2018.09.19 学習について理科プロジェクト[TSP]

「ゆめちから」栽培研究プログラム

第七期・「ゆめちから」課題研究校に選出されました。

今年度(2018年度)は、首都圏の3校、開智日本橋学園中学校・高等学校、浦和実業学園中学校高等学校、東京成徳大学中学高等学校が課題研究校として取り組むことになります。

この研究プログラムは、「ゆめちから」という品種のパン用の小麦粉を栽培し収穫する体験を通して、食糧と自分達とのつながりを改めて考えてみようとの試みでもあります。

現在、日本の食料自給率は約40%、パン用の小麦に関しては何と3%程、すなわち殆どが輸入に頼っている状況です。そんな中で、株式会社パスコでは、何年もの歳月を掛けて研究を重ね、北海道にて「ゆめちから」という品種のパン用の小麦粉を開発しました。この「ゆめちから」を本州で広く栽培できないか、小麦粉の自給率を上げようとのチャレンジをこれからの未来を担う中高生とともに実施していこうというものです。

 

先日9/16(日)には、3校合同での任命式が開催され、本プログラムの説明が㈱パスコの方、東京農業大学の先生、アシストしてくださる㈱リバネスの方からあり、さらに、㈱パスコの商品開発関係の方々の指導のもと、パン作りを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の任命式&パン作りのイベントを通して、本校の取り組む生徒達のモチベーションもアップしたようです。同イベントに参加する他の2校の生徒との間で一緒にパン作りを行い交流することで、競い合うのではなく、協力し合って研究をしていこうという気持ちが湧いてきたようでした。

実際に、栽培が始まるのは、10月の播種からです。来年の7月に良い収穫を迎えられるように取り組むチームで協力し合い頑張って欲しいです。

今後の活躍に乞うご期待を。

 

なお、今後の活動の様子(経過)については、この本校HPは勿論のこと、株式会社パスコのHPにも掲載されます。どうぞ、ご覧下さい。

(Tongari こと クミタ理科男)

>詳しくはこちら

2018.06.07 学習について理科プロジェクト[TSP]

授業 中学1年生 生物 「花のつくりとはたらき」  5月16日

5月に行われた中学1年生の授業を見学しました。

花のつくりとはたらきについて,

実体顕微鏡やiPadを使って小学校のときよりも深く学んでいきます。

5月中頃の1年生は新入生といった香りが残っています。

その初々しさに見ている方も新鮮な気持ちに返ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業は適度なコントロールの中,伸び伸びと活動している生徒の姿が印象に残りました。

どの生徒もストレスを感じることなく,本時の授業目標に向って活動していきます。

見ていると,生徒同士の「共有」から「共感」へという構図が広がっているように思いました。

私は集団で学んでいくとき,この「共感する」ということがとても大切なことだと思っています。

実験が始まってしばらくすると生徒たちは立ち上がって動き始めます。

確認する,尋ねる,教える,共有する,共感する。

理科の知識やスキルだけでなく,社会で大切なことも学んでいるように思いました。

木下 浩

>詳しくはこちら

2018.05.19 学習について理科プロジェクト[TSP]

美味しいパンの科学 (グルテン膜の性質)

サタデー サイエンス プログラム(SSP) 5月12日(土)

 

土曜日の午後行われる理科実験です。
今日から始まるこの講座に中1 13名,中2 6名,計19名が生物実験室に集まりました。
この講座は前期10回,後期10回の予定で行われます。
そのうち,5回が「美味しいパンの科学」というテーマで連続した探究活動として行われます。
この日はその1回目です。

 

用意したのは,パンの材料である小麦粉,それに米粉でした。
小麦粉はどうしてパンになるのか,米粉を使ったパンもあるけれど,なにが違うのかなど。

 

小麦粉と米粉を水でとき,こねてパン生地をつくっていきます。
本来なら,オーブンで焼いていく工程があるのですが,
この日は,十分こねた生地を再び水にといていきます。
すると,ネバネバした固まりが手の中に残ります。
これがグルテンというタンパク質です。

 

米粉も同様にやってみるのですが,
ほとんどグルテンがとれません。
なので,米粉のパンはそのままではパンにできないので
グルテンを補充するのだそうです。

 

途中,パンの試食もありました。
パッケージの成分表から読み取れることを確認していき
ついでに食べてみます。

 

中学2年生。
実は昨年も参加した生徒たちでした。
白衣を身にまとっているのが2年生。
慣れているのでしょう。
てきぱきと進めていき,1年生にもアドバイスしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は実験を行うだけでなく,

小麦粉の種類,強力粉,中力粉,薄力粉の違いと用途についてもプリントを使って学びました。

グルテン含有量は強力粉で一番多く,米粉のデンプン粉には含まれていませんでした。

美味しいパンとはどんなパンか。

それはどんなつくり方でできるのかなど,科学していきます。

今後生徒たちが,自ら考えて実験を計画できるようになるといいなと思ったことでした。

木下 浩

「パンはどのようにして作られるのか?」という問いを科学的に分析していくことを5回のシリーズで展開していきます。そんな中での初回として、グルテンの形成について種々の材料を用いて手作業を通し、五感を活かして体感しながら考えてみました。次回以降も、様々な観点から実験・実習を通し、生徒自らが考えながらパン作りの秘密に迫ります。

これからも、楽しみながら科学する生き生きとした生徒の姿が思い浮かびます。

NK Tongari

>詳しくはこちら