教科の取り組み

英語科
国語科
数学科
理科
地歴公民科

英語科

多角的な視点・考え方・表現法を外国語から学ぶ

新カリキュラム導入に伴い、英語において「コミュニケーション」の技能がますます求められてくるようになりました。さて、英語を「生活言語」ではなく「学習言語」として学ぶ私たちが目指すべき英語力とは、いったいどのような能力でしょうか。英語を話す力も確かに大切ですが、英語で書かれた文章を正しく理解し、その内容が論理的であるかを吟味し、それらに対する自分の意見を正確に表現する能力こそが、これからの日本社会で求められてくる英語力ではないでしょうか。 多様な変化が考えられる大学入試においても、今後も高度な英文を正確に読み取ること、そして表現することに高い配点が置かれることが予測されます。よって本校においても、単語や文法、構文などの基礎項目を土台として丁寧に英文を読んでいく学習から英語力の礎を築き、多角的に文章を捉え、かつ論理的に内容を把握していくことで、高いレベルでの理解力やコミュニケーション力を養っていきます。また、自分の意見を正確に、かつ相手を説得できる論理的な作文力の涵養にも時間を費やします。 3年間という短い期間で日々の学習にしっかりと取り組むこと、そしてその延長にある受験を乗り越えることで、将来本当の意味で役に立つ英語力、思考力を確立させるこそが英語科での指標となっています。

教科詳細
高校入学から大学入試までの3カ年学習計画

大学入試を考えたカリキュラム・教科書・副教材・演習など、総合関連型の3ヵ年計画は、以下の通りとなっています。

コミュニケーション関連での特色

1年次には週に1時間、ネイティブ講師による英会話の授業を実施。1クラスを2分割した少人数制で、基本的なコミュニケーション能力を養っています。またDDR教室(Discussion & Discovery Room)においては、ネイティブ教師が常駐し、いつでも自分の会話力を試せる環境を整えています。

基礎学力となる単語と英文法学習の徹底、及び習熟度別授業の展開(1・2年)

1・2年次の授業では基礎学力の定着を図るために英単語小テストを毎週実施。また、単語や文法の副教材を各コースで計画的に定期試験に組み込むことで、効果的に何度も復習できるシステムとなっています。またクラスの授業や夏期・冬期・春期の講習では、習熟度でクラスを分割し、その生徒たちに適した指導を実施しています。

大学入試に順応できる副教材と授業(2年~3年)

2年次から入試問題集をコース毎に採用し、入試に主眼を置いた授業を展開しています。3年次にはセンター試験対策演習を授業内で複数回実施。放課後はセンター試験のリスニング問題や個別試験の英作文の入試対策演習も行っています。それらに加え、3年生にとって大事な時期となる夏休み、冬休みには入試対策に特化した講習を多数設置。受験直前には「入試直前講習」を実施し、受験本番まで継続的に支援しています。

国語科

言葉と思考の力の向上に向けて

私たちの思考は、「言葉」によってなされます。「言葉の力」を養うことが私たちの思考をより深化させ、視野を多角的に広げていきます。そして、他教科の学習や生活上のいろいろな場面で、「なぜだろう?」と疑問を持ち、試行していくことがまた、「言葉の力」を養うことにつながります。こういった相互の関係を持つ言葉と思考との力を向上させていくことが国語科のねらいです。

教科詳細
現代文

「国語」の中で近代以降の作品を扱う科目が現代文です。何となく読み終わり、漢字や語句の意味を覚え、板書事項を確認して終わっていた中学までの学習を、問題意識を持って筆者と対峙する読みにまで深めていくのが高校での学習だと私たちは考えています。そのために、単に国語や文学の知識のみならず、歴史・哲学・科学・社会問題等々への興味喚起を常に働きかけ、筆者(作品)と自己を対象化できるまでトレーニングを積んでいきます。その道は単調で地道な場合もありますが、学問に王道なしです。

古典

古典(古文・漢文)は苦手意識を持たれがちな科目の代表です。確かに難解な古典文法・覚えづらい古典単語・「そもそもなぜ古典なんて必要なの?」といった感情論など、その原因はいくつも考えられます。そこで、80語に絞ったオリジナルの漢文単語集と漢文句形集とを基に高校1・2年にかけて、漢文に対する苦手意識をまずは払拭。「あとは古文だけ」という気持ちになってきたところで最重要の300語ほどに絞った古典単語集・頻度の高い語法文法集を基に古文を克服。また、ジャンルを超えて、その時代を生きた人々の生き方・考え方を一つの大きな歴史物語を読むように扱うための作品選びの工夫をしています。

その他
講習

国語科では、年2回もしくは3回(夏・冬・春)の講習を実施しています。時期によって内容は異なりますが、生徒の現状を把握し、その時々に最適と思われる内容を厳選し指導を行っています。高校3年生に対しては、入試直前講習として、センター試験対策国公立大学二次試験対策、私立大学個別試験対策など、個々の進路に合わせた講習を設定し、より実践的な入試対策を行っています。

論文

昨今の大学入試では、AO入試をはじめとした」さまざまな入試において数多く取り入れられており、その対策も必要不可欠となっています。国語科では高校1年次より要約テキストなどを中心とした課題を課し対策を行っています。また、3年次には自由選択科目の一つに小論文演習を設置し演習を行っています。

数学科

授業と「学び合い」から数学の本質を紐解く

授業で身に付く受験学力

数学科では、基礎学力の徹底を念頭において授業を行っています。教科書の理解を徹底的に深めることで基礎が固まり、応用力が身に付いていきます。大学受験だけを意識すると、応用問題にばかり目が行きがちですが、基礎があってこその応用力です。生徒には基礎力の重要性に気づきを持たせ、「数学の本質を理解すること」と「計算力を養うこと」により、数学の楽しさを学んでもらえるはずです。楽しみながら数学を学習することで自然と数学の力がつき、教科書の内容が確固たるものになっていくのです。その上で応用問題にチャレンジする機会を設け、難題も基礎学力を身につければ解けるということを実感していくことで、大学受験にも対応できる力を育てていきたいと考えています。

教科詳細
小テストの定期的実施

各単元終了後の復習は、理解力を高めるために欠かさず行い、さらに小テストを定期的に導入し、基礎学力の定着を図っています。長期休業後には「休み明けテスト」も実施しています。定期的に小テストを行うことで、日々の復習を心がけるようになり、数学における実践力が徐々についていきます。

講習

数学科では長期休業中に年3回(夏・冬・春)講習を行っています。講習の内容は復習が中心で、習熟度別にクラス分けをするなど、日ごろの授業とは違う雰囲気で実施しています。生徒のニーズに合わせた内容になっているので、数学を苦手とする生徒も得意とする生徒も、何か良いきっかけを掴めるような枠組みとなっています。

演習科目について

3年次の土曜日には、理系の生徒を中心に数学Ⅲ演習を行い、教科書学習と入試問題演習を並行して進めています。その他、放課後に週2日センター試験対策演習を設置しており、充実した演習科目を自由に選択することが可能です。

副教材で実力アップ

授業で使用する副教材は、何回も復習するよう指導しています。高校数学は反復練習が大切で、実力をつけるためにも家庭学習を促しています。定期テスト前や長期休業中には、今まで学習した単元を振り返ることで、内容の定着を図ります。3年生での副教材はセンター試験から国公立大学個別入試にまで対応した問題集です。多くの問題集を採用していますが、通常授業や演習授業、講習を通じて学習していくことで飛躍的な実力アップが望めます。学校で購入した副教材さえあれば大学入試にも十分対応できるので、参考書選びなどで迷うことはありません。

理科

イメージの確立と論理的思考力の育成

知識の定着から論理的な思考力向上への道すじ

自然科学的事象を正しく捉えるものの見方や論理的な思考力を育みながら、大学入試に対応できる総合力を身につけていきます。理科は、専ら「考える」教科と思われがちですが、科学的事象に対する基本的知識を身につけていくことが先決であり、それがなければ考える「術」を構築することができません。そこで本校では、演示や実験を通して興味や関心を高め、五感を活用して知識の定着を図っています。また、演習等を生かし、知識の利用法も学んでいきます。最終的には、これらをいかに実践で用いていくのかを考え、試行錯誤を繰り返しながら積極的に取り組んでいくことができる生徒の育成を念頭において授業展開しています。

教科詳細
各科目の概略と取り組み
物理分野

空間・時間的なイメージづくりを重視。演習の活用で実践に対応する力を養う

化学分野

身近に存在する科学的な現象から、論理的な思考力の形成を目指す

生物分野

生物に関わる現象に興味を持たせ、正しい生物用語の習得を目指す

地学分野

現在、私たちの周囲で起こっている自然現象とそのしくみを総合的に捉える

大学合格を意識した授業展開

1年次は、「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」の3科目が必修科目となります。2年次からは自分の進路選択に合わせて、理系と文系に分かれることになります。理系選択者は「物理」「化学」「生物」のうちから2科目を選択することになり、文系選択者は特進コースのみ「理科基礎科目」を選択することが可能です。3年次では、受験科目として必要な科目を履修することによって、十分に学習することができます。また、大学受験対策用の問題演習も受講することができますので、大学入試に向けて万全の準備をすることができます。

地歴公民科

社会で「生きる力」を養う

幅広い視野と知識を身に付ける

中学校で「社会科」という教科でしたが、高校では「地理歴史(地歴)科」と「公民科」の二つの教科に大きく分かれます。「地理歴史科」では「地理」「世界史」「日本史」、「公民科」では「現代社会」「政治・経済」「倫理」など、さらに細かい科目が設定されています。私たちが生きている社会は、様々な問題を抱えています。地理歴史・公民科の授業では、次の世代を担っていく高校生が、これから直面していくことが予想される様々な問題を解決し、より善く生きていくための能力を身につけていくことを重視しています。社会科というと暗記科目というイメージが付きものですが、「地理歴史科」「公民科」で様々な視点から学んでいくことによって、幅広い視野と豊かな知識を持った人間に成長していくことが目標です。

教科詳細
各科目の概略と取り組み
世界史

歴史的事実が「何故」起きたのかを常に問いかけることで、各国の縦(時代)の流れと横のつながり(国際関係)を多角的に考えます。

日本史

日本の歴史・文化を詳しく学習することにより、私たちの先祖が直面した問題をどのように解決してきたのか、先人たちの知恵を学んでいきます。

地理

世界の地形・気候・産業・生活文化などを学習することにより、私たちが生活している「地域」について学んでいきます。

政治・経済、現代社会

政治・経済・国際という3つの分野を学習して、現代社会の抱える諸問題に目を向けていきます。

倫理

先哲たちの思想を学びながら、「いかに生きていくべきか」について主体的に考えていきます。

大学合格を意識した授業展開

1年次には地理歴史で受験科目の中心となる「世界史」「日本史」の両方が必修科目となります。2年次からは自分の進路に合わせて「世界史」「日本史」「地理」から選択することになり、3年次にも継続して履修することができるので、受験科目の学習に十分に時間をかけることができます。また、「倫理、政治・経済」を必要とする一部の国立大学の受験に対応するために、「倫理」と「政治経済」の両方を履修することも可能です。3年次には大学受験対策用の問題演習授業が設定されていますので、大学入試に向けて万全の準備をすることができます。