秋の避難訓練

投稿日2018/9/13

本校では避難訓練を春と秋の2回実施しています。

春の避難訓練は4月に行いますので、新入生が未だ校内をよく知らないことや

災害時にはどのような行動をとるべきなのかをクラス担任がよく説明する必要があることから

LHRの時間を利用して実施していますが、

秋の避難訓練は日時を発表せずに「意表を突く」ように実施をしています。

 

 

 

 

「意表を突かれる」のは生徒諸君だけではなく、全教職員も同様です。

日時は生徒にも先生にも発表しないで実施するのです。

 

本校の避難訓練は生徒の訓練というだけではなく、教員の訓練だととらえています。

副校長先生も「いない人」に徹して、他の先生がその場で指揮系統を決めて指示を出していくのです。

 

自然の力の前には人間の出来ることは限られていますが

出来ることが限られていることを常に意識することが必要だと思っています。

 

ご家庭でも災害時の備えがあると思います。

今一度、内容の確認やいざというときの連絡方法や集合場所など

ご家族でお話になってみてください。