• 学校情報
    • 校長挨拶(教育方針)
    • 施設案内
    • 沿革
    • 制服紹介
    • シンボルマーク
  • 学習について
    • 教育過程
    • 各科の取り組み
    • 自分を深める学習
    • 国際交流プログラム
    • 理科プロジェクトTSP
    • オリジナルプログラム
    • 進路指導
  • 学校行事について
  • クラブ活動について

各科の取り組み

ホーム  学習について   各科の取り組み
英語 多様な"学び"の実践による細やかな指導
英語

英語学習の基本的な狙いはコミュニケーション手段としての英語運用力獲得にあります。
本人教師の授業では、検定教科書を用いた文法事項の確認や問題演習による基本事項の徹底を図り、外国人教師との授業では、日本人教師との授業で学んだことと連携させ、楽しく授業を進めていく中でもリスニング・スピーキングに重点を置き、学習した英語が単なる知識の蓄積で終わってしまわないように、コンピュータやタブレットを利用し、プレゼンテーションやビデオメイキングを実施しています。

科目の詳細はこちら

数学 数学は進学の要

数学は、積み重ねの学問とよく言われます。東京成徳の数学科では、数学の楽しさを実感し、やればできる自信を持たせたいと考えています。
多様な学力の生徒たちがいろいろな考えを出し合って、問題解決に向かうことが出来るように工夫し、数学的な考え方のベースの構築に始まり、問題解決のために必要な定理・公式を判断する能力の養成します。

科目の詳細はこちら

国語 考えるための言葉・伝えるための表現を学ぶ
国語

自身の考えを深めるために、言語の学習は不可欠です。また自分の考えを相手に伝えるために、表現の学習も必要です。本校では、インプットのための読解力養成と並行して、アウトプットのための表現学習にも積極的に取り組んでいます。

科目の詳細はこちら

理科 理科は理系科目の鍵
理科

理科という教科は、理系文系を問わず、快適な生活を送るための鍵となる学問です。
本校の理科では、様々な取り組みに日々努めております。

科目の詳細はこちら

社会 / 地歴・公民 多様な"学び"の実践による細やかな指導
社会 / 地歴・公民

生徒の成長に応じて"集団での学び""私だけの学び""少人数での学び"といった「多様な"学び"の実践」によって、素朴な疑問から志望する大学の入試問題まで、きめ細やかな指導を行っています。

科目の詳細はこちら

保健体育 成長期の継続的運動は、将来の選択肢を増やす
保健体育

心身の成長が著しいこの時期、週に2〜3回体育の授業で、継続的に運動することはとても重要です。運動系の部活動に所属していなくても、出席という実績を着実に積み重ねていくことで、できなかったことが、やがてできるようになる喜びを得てほしいと思っています。

科目の詳細はこちら

芸術 イメージの世界を大切に、未来を育てる心と向き合います
芸術

音楽
基本的な発声法や器楽の奏法の他に、全員で合唱や楽器を演奏することにより協調性を育み、学校生活において大切な助け合いの精神、人を思いやる気持ちを育てていきたいと考えています。

書写
楷書体を中心に基本的な筆遣いから学習し、字形や配列などを調えて書く力を養わせる。日常生活へ生かすだけでなく、展覧会出品作の作成も行う。

美術
年齢ごとの発達にあわせ、道具の使い方や技法といった技術的側面と、抽象世界やイメージトレーニングといった陶冶的側面をバランスよく取り入れ、自分の世界を大切にする強いこころを育てたいと考えています。

科目の詳細はこちら

家庭科 暮らしに必要な知識や技術を身につける

学年が上がっていくごとに、社会との関わりも学びます。個人と家庭、地域、社会のつながりを理解し、行動することで、よりよい人間関係を育むことができるでしょう。また社会情報を理解し、生活に活かすことも重要だと考えています。

科目の詳細はこちら

技術・情報 「問題解決能力」や「論理的な思考力」の獲得を目指す
技術・情報

生徒の発達段階に応じたプログラミング教育は、本校の情報技術教育の1つの特徴です。
中学1年生・2年生には、楽しく学習が継続できるよう教材や授業の進め方に工夫し、「できる喜び」「考える楽しさ」を実感してもらいます。

科目の詳細はこちら

ページトップ